スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反省・・

失敗した・・
大反省です。
やっぱり 手間隙惜しんではいけないんですね。

初心を忘れてはいけないと、深く反省しました。

最近 心ここにあらず・・日々反省する事ばかり・・
甘えた自分を直さなければ!

初志貫徹。
忘れてました。

初めて作った作品を、お客様に喜んでいただいた
あの日の感動を思い出せるよう

シンゴニウムをご紹介。

NEC_0026_convert_20100626161329.jpg

シンゴニウム サトイモ科シンゴニウム属
つる性植物で一自生地では茎から気根を出し
樹木などに着生して育ちます。
幼葉と成葉の形が違う品種が多く、観賞するのは幼苗期の葉になります。
つるは伸ばしすぎると間伸びした形になるので、こまめに切戻して
新芽を出させ、こんもりした形を保つようにしてください。

強い直射日光を嫌うつる性着生植物なので、半日陰から明るい日陰で
管理してください。
室内で管理していて徒長したときには、切戻して明るい日陰で管理して下さい。
周年、窓に近い明るい場所がよいが、多少日当たりが悪くても育ちます。

高温多湿を好むので、生育期には表土が乾き出したらたっぷり水を与えて下さい。
葉水の回数も多くして湿度を高めて下さい。
低温期にはかなり回数を控え、冬は4~5日に一回を目安として
暖かい日に葉水を行って下さい。

5月~7月が殖やすのに適しています。
挿し木で増えます。
伸びすぎた茎を5~10cmに切り分けてさし穂にする。
下葉は取り除き、上葉は半分くらいに切りつめてさし床にさす。
15℃以上あればいつでも可能で、2週間ほどで発根を開始。
水にさしておいても発根しますから、新しい鉢に植えなおして下さい。

花言葉 喜び 心変わり






スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 花屋ソレイユWirepuller日記. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。